携帯ホームページ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村↑ランキングに参加しています。 たくさんの人に「地熱の家」の良さを伝えたいな~って思ってます。
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月



(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告
(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


あれから一年

2010.10.19 (Tue)

※ 現在このブロマガの販売は停止されております。
ブロマガって何?
18:56  |  マタニティハウスひまわり
(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


マタニティハウスひまわり 最新情報

2010.02.23 (Tue)

※ 現在このブロマガの販売は停止されております。
ブロマガって何?
14:05  |  マタニティハウスひまわり
(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


デコポンの出産 (性別確認 「ど~っちだ」の儀式)

2010.02.05 (Fri)

お産記事①→

お産記事②→

お産記事③→

お産記事④→

お産記事⑤→

お産記事⑥→

お産記事⑦→


 遂にメロンちゃんは外の世界に飛び出してきました。
しかし、デコポン家族は今回本当にメロンちゃんの性別を知らないまま、
出産を迎えたので、お腹の上に置かれたメロンちゃんが、一体どちらなのか不明。


 そこで、これまたひまわり名物?

「ど~っちだ」の儀式

お腹に置かれた赤ちゃんをお母さんが両手で抱き上げ、股間を確認します。


 生まれるまでは、男の子かな?女の子かな?と想像を巡らせて、
楽しんでいましたが、元気に産まれてきてくれて、お腹の上にのった時点では、
もう性別なんて関係なく幸せな気分なのですが、一応気になります。


DSC04649.jpg
さぁさぁいきますよ。みんなが固唾を呑んで見守ります。


ど~~~~っちだ


DSC04651.jpg
メロンちゃんではなく、メロン君。
お腹から出てきたままの状態なので、当然こんな風にへその緒付です。

 デコポン家族は、ずっと女の子と思っていましたが、男の子
だって、妊娠が分かった時に、キンちゃんにどっちだと思う?と聞いたら

「女の子~」

って元気に答えてくれたし、デコポン自身母の勘として女の子だったんだけど・・・


 あはははは、親子で勘は外れました(笑)
周囲の人はみ~~~んな男の子だと思うって言ってましたけどね・・・。


 メロン君の股間を見たデコポンの第一声は、

「私たちの勘は外れたけど、子安観音の占いは当たったね。」

でした。


 昨年の7/17の戌の日の記事で

そのときの記事はこちら→安産祈願☆子安観音(その2)

不断桜の葉の占いについて書いていましたが、今回もキンちゃんの時同様、
この占いは大正解、ちゃんと裏向き(男の子)でした・・・。


というわけで、デコポンの職場での的中率は100%をキープする結果となりました。
(子持ちの人で、ここに参拝した人はみんな当たっているので)


テーマ : 二人目妊娠・出産 - ジャンル : 育児

12:08  |  マタニティハウスひまわり  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


デコポンの出産(発露~誕生)

2010.02.05 (Fri)

お産記事①→

お産記事②→

お産記事③→

お産記事④→

お産記事⑤→

お産記事⑥→


 ついに発露までこぎつけたデコポン・・・それまでは少々伏し目がちでしたが、
メロンちゃんの頭に触った安心感と、痛みの峠をとりあえず越えたからか、
ここからは目もパッチリ開けて、出産を楽しみました。


ふわぁ~ふわぁ~ふわぁ~と言いながら、大津四号さんに右手を持ってもらい、
一緒に回します。


 照美先生はというと、デコポンには

「もう気張らんといてな。もういきまない、いきまない」

と優しく声を掛け、見守っているサボテンちゃんやココロちゃんには、

「ほら、こうやって上手に出てくるやろ~」

と解説。実に落ち着いています。


 そして、

「めちゃうまい、めちゃうまいで~」

とほめられつつ、みんなでふわ~ふわ~の大合唱。


22:30
 遂に、顔の部分全てがプリッと出ました。この写真もあるんですが、
さすがにアップできません(笑)ぷにんぷ妊婦のさなさんみたく、
イラストが上手だったら、ここからはイラストで・・・って言えるんですが


 顔が全部出たら、またまた自分の手をお股に持っていき、

「これが鼻、これが口やで~」

と照美先生の解説付きで触ります。ほぉ~遂にここまできたかといった感じ。
出産がますます楽しいという気持ちが高まり、笑顔全開


そばで見守るキンちゃんに

「ありがとう起きてきてくれて。お母さん嬉しいわ。」

と声を掛け、笑顔で見つめ合う余裕さえ出てきました。


 ここまで、出てきたらあとはメロンちゃんの自分で生まれようとする力に任せ
デコポンは力を抜きます。


「さぁさぁ、自分の手で迎えにきてな~」


と照美先生に言われ、お股に両手を持っていくと・・・・


22:33   メロンちゃん誕生


この写真大好きです。みんな笑顔。
撮影してくれたサボテンちゃんに感謝。


 メロンちゃんが誕生した瞬間は、みんなが

「ほらほら出てきたよ~」

と言い、それに続いて

「おめでとう」

の嵐・・・。

 メロンちゃんを自分の手で取り上げ、
こんなに幸せな瞬間ってないなというぐらいの充実感です。
(病院とかだと、取り上げてもらった赤ちゃんを「ほら」と見せてもらうと
 思いますが・・・)

 キンちゃんの出産のときも楽しかったけど、今回は二人目ということもあり、
前回以上に心からお産を楽しむことができました。


DSC04645.jpg
産まれた時の和室の時計もサボテンちゃんが撮影してくれていました。
ほんと、いいカメラマンです。


 メロンちゃんをお腹の上にのせたデコポンの第一声は

「あったか~~い」

でした。産まれたてほやほやのメロンちゃんは本当に温かくて気持ちよかった。


 そして、最初に会話したのはやっぱりキンちゃん。

「お母さん、キンちゃんの顔を見れたから頑張れたよ」

とキンちゃんをねぎらいました。
(大津四号さん、最初がキンちゃんでごめんなさい)


 そして、キンちゃんとの笑顔の会話が終わった瞬間に、メロンちゃんが

オギャ~~~~

と元気よく泣きました。


 デコポンのお産に立ち会うキンちゃんが、一体どんな反応をするのか興味津々でしたが、
キンちゃんははにかんだ笑顔で見つめていました。


 さぁ、次はお腹にのっているメロンちゃんの性別がどっちなのか・・・
(もう公表済みではありますが・・・)
デコポンが抱き上げて股間を見る儀式。デジカメはサボテンちゃんから大津四号さんに
バトンタッチされました。


(つづく)

テーマ : 二人目妊娠・出産 - ジャンル : 育児

09:50  |  マタニティハウスひまわり  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
(注)基本的にリンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
   HPなど無断でのリンクはどうぞご遠慮下さい。


デコポンの出産 (破水~発露まで)

2010.02.04 (Thu)

 また間が空きましたが、お産する和室に移ってからの様子・・・

お産記事①→

お産記事②→

お産記事③→

お産記事④→

お産記事⑤→



22:20和室の布団へ移動

 ここで、パンツを脱ぎ、いよいよお産も佳境・・・。


大津四号さんもお産に立ち会うべく、手の消毒・・・だったんですが、
思った以上に消毒薬が出てしまい、みんな大爆笑。
陣痛の痛みもそこそこに、「おいおい」と心の中で突っ込む私。


22:22
 和室に移る時点では、まだ産まれる時に呼べばいいと言われてたキンちゃんですが、
和室の布団にゴロンと横になった時点で、照美先生が、

「これは早いぞ~すぐ生まれるぞ」

と言ったので、別室で寝ていたキンちゃん召集。
約1時間半ぐっすり眠れたことで、充電完了。

大津四号さんに抱っこされて、和室へやってきました。


 その時デコポンはというと、左肩を下にして横向きに寝て、そして右足は
足立さんが持ってくれてという状態。


 痛みの感覚も短くなり、ちょっと心から余裕がなくなり掛けていた時に、
キンちゃんの愛らしい顔を見ることができ、とても癒されました。


 子どもが母親の出産に立ち会うことは、賛否両論あるようですが、
デコポンはサボテンちゃんの出産同様、キンちゃんにも立ち会って欲しくて、
でも寝てしまったのでどうなるかな?と思いましたが、起きてくれてよかった。


 最初はちょっとボーっとしていたキンちゃんですが、大津四号さんと一緒に
いきむデコポンの手にそっと小さい手を添えてくれました。

 
 この間に、助産師チームはついたてを調節して和室が明るくなり過ぎないように
してくれました。病院と違って、ここでのお産は部屋を薄暗くします。
この方がお産に集中できるからかな?

明かりが欲しい時は、先生たちが懐中電灯で出口の様子を確かめます。



 そして本当に何度か、う~んう~んといきんだら・・・

「もう、うますぎうますぎ。今度はふぁ~でいいよ」

と照美先生。



ひまわり名物?いきみ逃しの
ふわぁ~ふわぁ~

 
 キンちゃんの時もこうやって大津四号さんと一緒に手を大きく回して、
いきみを逃しました。余分な力が入ってしまうと、会陰部が裂けたりしてしまうため、
こんな感じで力を抜きます。

22:28

 この最初のふぁ~のあと、

「デコポンちゃん、ちょっと触ってみようか」

との声。

「これが発露やに」

と言って、誘導されるまま手を持って行くと、メロンちゃんの頭に手が触れました。


ちなみに、発露とは・・・
赤ちゃんの頭が腟口から出たまま、戻らない状態
 分娩第2期に入って、ママが陣痛に合わせて押し出すようにいきみを繰り返しているときに、
赤ちゃんの頭が腟口から見え隠れするようになります。
これが「排臨(はいりん)」という状態ですが、
その後、頭が見えたままの状態になることを「発露」といいます。
(たまひよwebより引用)


 デコポンが触った後、

「ほら大津四号さんも見てみ」

と誘われ、懐中電灯に照らされた、メロンちゃんの頭を見て、「ほんとだ~」と一言。

「ほら、キンちゃんも見てみ」

とキンちゃんも覗き込み、見た後は、

「お母さん頑張れ~」

と小さい声で言ってくれました。


 さぁさぁ、全身プリッと出てくるまであと少し・・・。
次の記事まで少々お待ち下さい。


(つづく)

 






テーマ : 二人目妊娠・出産 - ジャンル : 育児

15:45  |  マタニティハウスひまわり  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。